こころの整頓 ~わたしの場合~

初めての産後に生じた色んなモヤモヤ。時が経ち、落ち着いて考えてみました。 次に生かしたくて、誰かにも生かしてほしくて、綴ります!

旦那さんの評価ポイント

産後に「なんか変だ」と思ったことが何度かありました。産後まもなく、急に芽生えた感覚があったのです。

 

その一つが、旦那さんの評価ポイントが変わったことでした。

仕事ができる、趣味がある、わたしの家族を大切にしてくれる、自分に厳しい、刺激をくれる、面白い、笑顔が可愛い・・・産前、旦那さんの好きなところはたくさんありました。

それが!!なんと!!

出産した途端に、わたしは今までの評価ポイントを忘れ去り、「パパ」像を求めていたのです。

(ちなみに、この事実、わたしは2年間くらい気づいていませんでした。)

仕事をバリバリする姿、趣味に打ち込む姿、お笑い番組をみて笑っている姿、どれもときめかなくなりました。

その代わり、むすめのお世話をしたり、遊んだり、関わっている姿に、何よりキュンキュンするのです。

ですが、残念ながら旦那さんに急に父性が芽生えるわけではないし、育児への責任感も母親であるわたしの方がメラメラにあるわけです。

わたしが求めるようなパパではない(なろうともしない)旦那さんに対して、男性としても見劣りするような感覚になってしまったのです。

 

<わたしの教訓>

旦那さんからしたら「知るか!」て話ですよ。

もちろん、育児は夫婦でするものってのは理想としてあると思いますが、わたしは急には難しいと思っています。なぜなら、人それぞれ得意不得意があるし、平常時には役割分担するのは当然じゃないかと。

それに、これはわたしの経験則ですが、母性が急激に成長するのに対して、父性って超超超~スローペースで成長するみたいなんです。

だから、「パパ」になることを旦那さんにいきなり求め始めても、無駄な話。

わたしは、旦那さんに求めるのは、「わたしを楽しませてくれること」って思うようにしています。

わたしを笑わせてくれればそれでいいのよ~

そう思ってからは、育児参加が進まずマイペースで過ごす旦那さんに対して、寛容な気持ちで接することができるようになりました。

「もっとこんな風にパパしてくれたらいいのに」と粗探しをしかけたら、その思考回路はストップ!

わたしを笑わせてくれればそれでいいのよ~