こころの整頓 ~わたしの場合~

初めての産後に生じた色んなモヤモヤ。時が経ち、落ち着いて考えてみました。 次に生かしたくて、誰かにも生かしてほしくて、綴ります!

反省の日・・・

育児をスタートしてから、理想と現実の違いに反省ばかりする日があったりしました。

まだ話せない赤ちゃんと二人きりの時間。

わたしがきちんと向き合わなきゃ・・・と思っていました。

何に興味があって、何に笑ってくれるのか、すべてが手探り。反応がいまいちなことも多い。

それでも、少しでも楽しい時間を、少しでも豊かな学びある時間を作り出さなければいけない・・・そう思っていました。

そんな理想とは裏腹に、スマホで友人と連絡をとったり、ネットサーフィンしたり、そんな息抜きを欲することもあります。スマホに熱中していると、愚図りだす。それに、イライラしてしまう自分。イライラしてしまうことに自己嫌悪。うまくいかない日はそんな繰り返しだったように思います。

今日きちんと向き合えなかった・・・ごめんね・・・

一人反省し、落ち込みます。旦那さんに言ったところでわかってもらえない話だろうな、と一人だけで抱え込んでいました。

 

<わたしの教訓>

肩に力を入れすぎていたように思います。

笑ってくれたら嬉しいし、楽しい時間を作り出すママの努力は必要ですが、そこに「学び」の観点は別にいらなかったかも。

色々な知育用のおもちゃがありますし、知的好奇心を刺激することが大切といったネット情報を読んでいたからだと思います。もちろん、色んな研究の結果でそういった情報が出回っているんでしょう。

でも、そんなこといちいち考えていたら、疲れ切っちゃいます。

幼児になれば、好奇心を持ってくれますし、与えれば与えるほどグングン吸収してくれる日がきます。成果が見えれば、ママも頑張れる。ママが何かを提供してあげるのは、その時になってからでもいいように思います。

赤ちゃんには、安心とぬくもりを与えること。それさえできていれば百点満点!

遊び・教育の面では、赤ちゃんの時こそ手抜き手抜き!

具体的には、わたしの場合はプレイマットも持っていなかったけれど、短期間のことだし・・・なんてケチらずに、色々と試してみればよかったなーと思います。レンタルなんかもありますしね。ママは楽して、こどもの好奇心も刺激できるなら一石二鳥。

2人目は自分で解決しようとせずに、色々とグッズを試してみよう。

そして、触れ合う時間が充分にとれていたら、それだけでママとしては完璧!←これを採点基準にしたいと思います。充分に頑張ってるよ、自分に甘々でいきましょう!